会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

写真集

13件の商品がございます。

野鳥百景

販売価格(税込): 2,916
北は北海道から南は石垣島まで、日本列島津々浦々の自然のなかに佇む野鳥たち。
ありがちなクローズアップではなく、野鳥の棲む環境や野鳥の表情を大切にしながら1枚の絵のように撮影。
野鳥や野鳥撮影の愛好家にとって魅力ある、そして一般の方にとっても、こころ安らぐ写真集です。
数量:

くらしの宝石 Everyday Treasures

販売価格(税込): 1,620
くらしの中の古びた石けんは、宝石のように美しい。
韓国の写真家、具 本昌(クー・ボンチャン)は、
そのことに気づき、数十枚のフィルムに収めた。
美しいものこそ、身近なところにころがっているのかもしれない。
数量:

白磁 Vessel

販売価格(税込): 4,104
柳宗悦や青山二郎らによって日本に紹介され、
数多の愛好家を生んだ李朝陶磁。
そのなかでも白磁は、骨董愛好家だけではなく、
日本の多くの陶芸作家たちをも、今なお魅了しつづけています。
世界中へと散らばった白磁の名品を、一連の写真シリーズへ。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

蓮の肖像 鈴木薫写真集

販売価格(税込): 2,592
朝日新聞の読書欄で「極上の写真集である。」と評価されたほか、多くの雑誌で絶賛された写真集『蓮花』に続く待望の第2弾! 撮り下ろしを多数収録のうえ、読者の熱い要望に応えてワイド版で発売。感動は、さらに大きく、深く!
数量:

白洲正子の「かくれ里」を行く 楓大介写真集

販売価格(税込): 2,592
街道筋をほんの少しそれた所に、ひっそりと息づく
「かくれ里」。
白洲正子の名著の舞台を、
実力派カメラマンがていねいに巡り、
折々の風景を写真に収めた。
自然を敬い、伝統を守り、祈り
に支えられた暮らしが残る
里の姿は、こよなく懐かしく、 限りなく美しい。
数量:

BEAUTIFUL MOMENTS:PHOTOGRAPHS OF 2006 FIFA WORLD CUP GERMANY

販売価格(税込): 2,592
W杯2006年の最高の瞬間を一冊に。
第一線のスポーツ写真家集団が捉えた永遠の「美しい瞬間」。
全試合のデータ、試合後の主要選手のコメント収録。
スポーツ誌「Number」「SPORTS Yeah!」などで活躍する
3人のトップ・スポーツ写真家が、1カ月半にわたってドイツW杯大会を
撮りまくった写真の中から選ばれたベスト・ショットを編集し、
気鋭のアート・ディレクター古平正義が大胆にデザイン。
数量:

MA FRANCE―庄司雅則写真集

販売価格(税込): 2,592
自分の居場所を求めて・・・
パリ、プロヴァンス、ローヌ・アルプ、メリベル、アヌシー、ヴィル・フランシュ・シュルメール… 流浪の写真家を捉えたフランスの情景
数量:

ZOOpos―梶洋哉ポストカード・ブック (ポストカードブック)

販売価格(税込): 1,296
のんびり、だらり寝転がる。
ときどきは爪を立てる。遠くを眺める。考える。
動物たちは、笑っちゃうくらい、僕らに似ていた。
愛すべき動物たちのポストカード集。
数量:

リラックスペンギン―Penguins‐through the researcher’s eye

販売価格(税込): 1,620
ペンギンの研究者にしか撮れない貴重な写真を「ペンギン基金」のメンバーが人気投票のうえに厳選しました。ペンギン・ファンにとって、ノドから手がでる一冊です。
数量:

WOOF―梶洋哉写真集

販売価格(税込): 2,160
旅をするときは、ときどき
後ろを振り返ってみるといい。
パリ、ブリュッセル、ベネツィア、ミラノ、チューリッヒ、マドリード、
エジンバラ、チュニス、ケレタロ、カンクーン、キー・ウェスト…。
写真家を捉えた「犬の風景」。
数量:

WOOFpos―梶洋哉ポストカード・ブック

販売価格(税込): 1,296
ついてきた犬は、君に似ている。
写真集『WOOF』から生まれた、愛すべき犬たちのポストカード集。
数量:

蓮花 鈴木薫写真集

販売価格(税込): 2,057
ライフワークとして20年近く、蓮を撮りつづけてきた女性カメラマン・鈴木薫の初の写真集。本書には、そんな彼女が夏ごとに四×五カメラを担ぎ、蓮と対峙した成果の中から、優れた写真を厳選して収録。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

日本列島写真旅

販売価格(税込): 2,052
風の吹くまま気の向くまま、あてのない旅を続ける写真家が、日本列島津々浦々をカメラ片手にぶらり歩いたエッセイ。気まぐれに立ち寄る無名の街。そこに行き交う無名の人々。彼らの息づかいが聞こえてくるような、“たび”への想いあふれる一冊。
数量: