会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

電子書籍

bar

【電子版】Movie Studio Platinum ビデオ編集入

bar
【電子版】Movie Studio Platinum ビデオ編集入  
拡大
  • ■商品名:【電子版】Movie Studio Platinum ビデオ編集入
  • ■著者:阿部信行
  • ■価格:2,200円(本体2,000円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-495-2
  • ■本のサイズ:PDF版 288ページ
  • ■発売日:2019-05-24
電子書籍をラトルズで購入

内容

本書は、『VEGAS Movie Studio 16 Platinum』を利用して、初めてビデオ編集を行うユーザー向けに、操作方法をわかりやすく解説したガイドブックです。
また、ビデオ編集で作成したムービーを利用して、DVDビデオやBlu-ray Discを作成するためのオーサリングソフト『VEGAS DVD Architect』( 以下「DVD Architect」と省略)の利用方法も解説いたしました。

動画も、写真同様に手軽に撮影し、公開されるメディアとして活用されています。
動画を活用するなかで増えてきたのが、テーマに合ったムービーを作成、公開するという傾向です。
要するに、複数の動画データをまとめ、並べ替えてストーリーを作り、それを見てもらって楽しむという流れです。
YouTuberのように、必要な映像部分をピックアップし、印象的に加工して公開するという流れなどもそうですね。

いずれにしても、動画を撮影してそのまま公開するのではなく、編集という作業を通して、目的に合ったムービーを作成する、自分のイメージしたムービーを作成するという傾向が強くなっています。

そうした要望に応えるには、ビデオ編集ソフトは必須です。
Movie Studioはスマートフォンで撮影した縦位置の映像編集にも対応し、Movie Studioで編集、作成したムービーをダイレクトにYouTubeなどのソーシャルメディアにアップロードできます。

編集に慣れていなくても、「ガイド付きビデオクリエーター」や「クイックスタートメニュー」など初心者でも簡単にムービーを作成できる機能が搭載されています。本書を利用してMovie Studioを使いこなし、ビデオ編集を楽しむ、そして作成したムービーを公開をしましょう。

目次

クリックすると表示されます
Chapter 1 「VEGAS Movie Studio」でビデオ編集を行うための準備
1-1 Movie Studioのインターフェイス
1-2 動画の基本
1-3 新規にプロジェクトを作成する
1-4 メディアを取り込む
1-5 メディアファイルのプレビュー
1-6 メディアファイルの削除
1-7 その他のメディアの取り込み
1-8 メディアファイルの表示方法を変更する
1-9 スマートフォンのデータを取り込む
1-10 プロジェクトのライブ保存【新機能】

Chapter2 ビデオデータを編集する
2-1 タイムラインの構成要素と機能
2-2 トラックヘッダーの機能と操作
2-3 タイムラインにメディアを配置する
2-4 トラックのズーム操作と高さ調整
2-5 イベントを編集する
2-6 ストーリーボードを利用する【新機能】
2-7 マーカー、リージョンを利用する
2-8 イベントをトリミングする
2-9 「トリマー」ウィンドウでトリミングする
2-10 4K映像の取り込みと編集
2-11 マルチカメラ編集を利用する
2-12 スマートフォン(iPhone)の縦位置動画データを編集する

Chapter3 イベントにエフェクトを設定する
3-1 トランジションについて
3-2 トランジションを設定する
3-3 トランジションをカスタマイズする
3-4 「簡単作成」でトランジションを設定する場合
3-5 オーバーラップでトランジションを設定する
3-6 イベントにビデオFXを設定する
3-7 ビデオFXをアニメーションさせる
3-8 ピクチャ・イン・ピクチャを作成する
3-9 手ブレを補正する【新機能】
3-10 モーショントラッキングの活用【新機能】
3-11 クロマキーで合成する
3-12 「クイックスタートメニュー」でのエフェクト設定

Chapter4 テロップを設定する
4-1 メインタイトルを作成する
4-2 クロールタイトルを作成する
4-3 エンドロールを作成する
4-4 テイクを利用して配置する
4-5 簡単編集の場合のテロップ操作

Chapter5 オーディオデータを利用する
5-1 イベントにBGMを設定する
5-2 イベントの音量を調整する
5-3 オーディオ用のエフェクトを利用する
5-4 ナレーションを録音する

Chapter6 ムービーを出力する
6-1 「簡単作成」からの出力
6-2 プロジェクトをMP4形式で出力する
6-3 YouTubeにアップロードする
6-4 スマートフォンでの再生用に出力する
6-5 スマートフォンの縦位置映像を出力する
6-6 Movie StudioからDVDビデオを作成する
6-7 メニュー付きDVDビデオの作成
6-8 DVD Architect編
16:9のメニュー付きDVDビデオの「新規プロジェクト設定」
6-9 DVD Architect編
メニュー付きDVDビデオの「メディアの追加」
6-10 DVD Architect編
メニュー付きDVDビデオの「メニュー作成」
6-11 DVD Architect編
メニュー付きDVDビデオの「メニューデザインを変更」
6-12 DVD Architect編
メニュー付きDVDビデオの「BGMを設定」
6-13 DVD Architect編
メニュー付きDVDビデオの「プレビュー」
6-14 DVD Architect編
メニュー付きDVDビデオの「メディアへの書き出し」
索引

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。